アドセンス始めるならbloggerブログしかない




アドセンスを初めて利用したい場合、独自ドメインでの運営が必須となってしまいました。とりあえず簡単にアドセンスを始めたい場合、独自ドメインの取得がいらない、bloggerブログが間違いなく最適です。






独自ドメインでのブログ運営。

最終的にここにたどり着ければいいんですが


  • 独自ドメインの取得も初めて
  • アドセンスの利用も初めて
  • SEOもよくわからない。
  • アドセンスの審査・申請がわからない



でもアドセンスで収益をあげたい。
そんな方に最適なのが、bloggerブログです。




bloggerブログとは
googleが運営しているblogサービスで、アドセンスとの相性がいいです。




2016年8月現在ですと

独自ドメインの取得無しで、アドセンスを利用できるのは、bloggerブログだけです。




bloggerブログはgoogleさんが運営しているだけあって、アドセンスの審査とかないんです。独自ドメインも必要ありません。オーバーな表現ではなく、今すぐ始められます。



bloggerブログでアドセンスを簡単に始めて、10円でも100円でも、収益を上げてみることを、まず体感してみてはいかがでしょうか?


こんな感じかぁ!っていうのが、すぐ体感できます。




ブログを運営して
アドセンスで収益が上がった。

という既成事実が大切だと思います。それが自信にもつながりますし、そこから見えてくるものもあります。


独自ドメインはいつでも取得可能ですから、まずはbloggerブログから始めてみましょう。




他のブログサービスで (シーサーやココログ、FC2など)

アドセンスを始める場合の難しいところは

  • 独自ドメインの取得が必要になってしまった
  • 独自ドメインをブログサービスに設定しなければいけない
  • 取得したドメイン運営会社のサイトで、ネームサーバの設定が必要
  • アドセンスの広告コードをhtml編集画面に張り付ける必要がある
  •  そもそもアドセンスが不可のブログサービスがある
  • そもそもアドセンスの申請が大変
  • アドセンスは許可するが、稼いだ広告料からロイヤリティを取られるblogサービス(FC2など)もある

googleさんの、bloggerブログでアドセンスを始める場合は、一切こういう作業が必要ありません。
googleアカウントさえあれば、bloggerブログを新規開設して、収益っていうボタンを押し、広告表示させるを選択するだけです。


まとめ1

せっかく時間をかけて、アドセンスに取り組もうとするわけですから、まずは簡単に始めて、簡単に100円でも200円でも、収益をあげてみてください。

自分で書いたブログがたとえ100円でも、収益につながれば、嬉しいです。 その嬉しさが、もっといい文章を書こう、独自ドメインを取得してみようかな、と意欲につながっていけば、さらに収益を上げることができると思います。



まとめ2

googleのbloggerブログを利用して、100円200円でも収益があがった人は、もちろん、そのままbloggerブログを続けていくことも可能です。

独自ドメインは絶対に必要なものではありませんので。


まとめ3

仮に月収3万円目指している人でも、100万円目指している人でも、いろんなことが初めての方は、bloggerブログでのスタートをお勧めします。本当に簡単です。


コメント

  1. Slot Points may be turned back into Free Slot Play OR used for purchases at OX Pub, Oxford Express, and the hotel gift shop. Mychoice® is a world-class rewards 원 엑스 벳 program that gives you extra methods to earn, redeem and get rewarded at over 35 Penn National Gaming areas nationwide. You'll find a vary of denominations and sport types, together with such favorites as, Lightning Cash, Jin Long and Wheel of Fortune inside our High Limit Rooms. "Everything that engages us, all pieces of content material are engineered to be attention-grabbing."Eyal advised me he invited Schüll to offer a less self-congratulatory, "rah-rah" voice to the conference. Although the conference focused on how to to|tips on how to} build habit-forming tech merchandise, "These methods — they have a darkish side," he mentioned. "If not used appropriately, or if used for nefarious purposes, then they don’t always benefit the person."

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿