ワードプレス5.6 重い不具合|史上最悪!グーテンベルクのカスタムhtmlエディタはダウングレードしよう

 ワードプレス5.6がリリースされていますが、グーテンベルクのテキストエディタ、htmlテキストエディタ、コードエディタが史上最悪、最低、重くて使い物にならないですね( ;∀;)

ローカル環境の方は関係ないですが、サーバーの自動インストールなどを利用して直接ファイルを触っているかたには死活問題だと思います。

エディタが重い!重い!重い!重--------い!

ぜぇぜぇ

不具合というわけじゃないですが、とにかく使い物になりません。

ワードプレス5.6の一つ下のバージョン5.5.3にダウングレードしてもいいのですが、とりあえずダウングレードしたくない人は、右上の3つの点点点より、コードエディタを選択してください。htmlモードで作業できます。



ダウングレードされたい方は
ダウングレード用のプラグイン「WP Downgrade」を入れてダウングレードされてください。

ワードプレス5.6の一つ下のグレードはワードプレス5.5.3です。

プラグインを入れてからセッティング画面で5.5.3を入力してOKしてください。そこしか触るところがないのでわかると思います。

そうしましたら、ダッシュボードの更新のところをチェックしてみてください。ワードプレス5.5.3へのダウングレードはこちら、というようなボタンが見つかると思います。英語表記かもしれませんがだいたいわかると思います。押すだけです。

プラグインは外せるなら外してやったほうが無難ですね。念のためバックアップした後、自己責任でお願い致します。

ちなみにダウングレード用の「WP Downgrade」のプラグイン自体をインストールするかどうかは迷いました(5.6環境では未検証マークがついてたため)が無視してやりました。

とりあえずは無事成功しました。

ワードプレス5.5.3へダウングレードが完了しましたら、また更新のところに赤いバッチ1がつきます。5.6へアップグレードしろ、という催促ですね( ;∀;)

(無視して点灯したままお使いください)

賢い人が開発してるんでしょうから、最初から頑張ってくださいよぉぉ( ;∀;)





コメント

人気の投稿