整体院や整骨院のホームページって胡散臭い

整体院や整骨院さんのホームページって、とにかく胡散臭い...ユーザーをバカにしていますか?ユーザーはもっと賢いですよ?

一日〇〇組様限定
いや、あなたの都合で限定なだけだろう

とにかく口コミをアピール(個人差があります(笑))
そんな個人の感想ばかりいらないって

〇〇専門店
うそつくな

ホームページ見た!で割引き○○円
適当だね~

一番ダメなのは、何かが「治る」ことを連想させること


整体院や整骨院さんに言いたい

あなたたちは「医者」じゃないんです。なにかを「治せる」わけじゃないんです。
○○院と名乗る、口コミを多く掲載する、○○専門店と名乗る、手技について延々と説明する。

これらの行為すべてが「何かが治る」って言えないから、どうにかして「何かが治る」ことを連想させたい行為なんです。(自分勝手な行為=ユーザーが嫌がる行為)

肩こりや腰痛が治ることを連想させちゃダメなんです。法的なことを言っているのではなく、それをするから胡散臭さがられて売れないんです。

とにかく医者と同等、もしくは医者以上の価値があると思わせたいのでしょうが、そんな価値があるなら、その位置付けで国が認めてますって。

その位置付けでは認められてないのですから。

整体院や整骨院さんが理解したほうがいいのは、いわゆるマッサージ(リラクゼーション効果)と同等だということ。

整体院さんや整骨院さんをバカにしているのではなくてアドバイスです。自分で自分の価値を下げていませんか?あなたの商売はそんなにごまかさないとダメな商売なんですか?

もし商売としてうまくいってないと感じている整骨院、整体院さんがおられましたら、ぜひ参考にしてください。

そういう風にホームページを作ると、ユーザーに嫌悪感を持たれるんです。一般の方との温度差がひどすぎる。

改善したほうがいい点


まず店名を変えよう
○○院はやめてもっとリラクゼーション効果が高そうな店名に。整体院(整骨院)=もうその名前の時点で胡散臭いんです。ユーザーは「病院じゃないのに病院のフリしてるわ~」ぐらいに思っていることに気づいてますか?

小難しい「手技の説明」はやめよう(笑)
その手法自体をバカにしているわけじゃないんです。そんな説明はホームページにはいらないってことなんです。せっかくいい技術があったとしても胡散臭くてもったいないですよ。施術が終わったあと、結果的にその手法でユーザーが喜んでいるならそれでいいのですから。

じゃあ何をアピールするのか?

あなたたちは医者じゃないので、「何かを治せる」ことをアピールできる立場にないんです。それが理解できない人が多い。

考えてみてください。

あなたたちは医者じゃないので、表現についていろいろ制限を受けています。マッサージって言葉を使っちゃダメ、治療や完治するって言葉を使っちゃダメなど。

それがすべてなんです。

あなたたちは医者じゃないので「何かを治せる立場」じゃないんです。

もちろん勉強はしていると思いますし、努力している人がいることも事実です。でも現状は「何かを治せる立場」じゃないんです。

だって「治る」って言っちゃダメなんですから。

にもかかわらず、なんとかいろいろな制限をかいくぐって、表現を工夫して、ようは「治る」ってことをアピールしたがる。

一般の人は、そういうあなたたちの姿勢に嫌悪感を持っていることに気が付いていますか?

あなたたちのアピールポイントは、筋肉をほぐすことでリラクゼーション効果が高まります!ってことだけなんです。

このことが理解できれば、他店としっかり差別化した「潔い良い・印象の良いホームページ」を作ることができます。

何かを治そうとしないで!何かが治ることをアピールしないで!

敵を知り己を知れば百戦殆うからず、それが「売れるホームページ」を作るポイントです。

自分のことを医者か何かと勘違いしているのでしょうか?もっとしっかりと「整体師さんとしての良さ」をアピールしてください!己がわかっていない人が多すぎです。


コメント

このブログの人気の投稿

Cドライブの容量不足を解消 | 空きを確保するにはまずこの2点!